スマホ

iPhoneで着信履歴から格安SIMの専用アプリを使わず安く掛け返す方法

iPhoneで格安SIMを使っていると着信履歴からかけ返しをするのが不便ですよね。

各格安SIMでは専用のアプリを使って通話すると安く電話を掛けられるサービスがあるのですが、専用アプリでは着信履歴を取得出来ないため着信履歴から電話を掛けられません。

電話を安く掛ける仕組みとしては格安SIMごとのプレフィックスという番号を相手先の電話番号につけて電話を掛けると安く掛けることができます。

ここでprefixplusというアプリを使うと標準の電話アプリにプレフィックスを設定することにより、着信履歴から比較的簡単に安い通話サービスを利用する事が出来ます。

大体、20円/30秒10円/30秒と半額になるものが多いようです。詳細は各格安SIMのWebページをご確認ください。

使い方

それでは早速使い方を説明していきます。

【PrefixPlus】アプリへのリンク

ポイント

上にあるアプリへのリンクからPrefixPlusをインストールします。

ポイント

PrefixPlus設定前の連絡先はこのようになっています。設定した電話番号が表示されているだけです。

ポイント

PrefixPlusのアイコンをタップしアプリを起動します。

ポイント

右上の+から新しくプレフィックスを追加します。

ポイント

私が使っている格安SIMはIIJMioなのでそれに基づいた設定を行います。

名称およびラベルには好きなものを設定してください。私の場合はわかりやすくIIJMioと設定してあります。

次に、番号の部分にプレフィックスを設定します。IIJMioの場合は0037691になります。

IIJMio以外のプレフィックスは次の項目に追加していきますので、自分の選んだ格安SIMに合わせて変更してください。

あとは特に触る必要はありません。右上の保存を押して保存してください。

ポイント

保存後にプレフィックスの一覧に戻ってきて、更新処理を行います。

一番下の連絡先を更新するを押してそのまま進めると連絡先に先程設定したものが反映されます。

ポイント

反映されたものはこのようになっています。

ポイント

それでは実際に標準の電話アプリの着信履歴から安くかけて見ます。

着信履歴の(i)のマークをタップして、連絡先の詳細を表示します。

連絡先の詳細に設定した格安SIMのプリフィックスが反映された番号が追加されています。

この番号を押して掛けると安く電話を掛けることができます。

主要格安SIMプレフィックス一覧

記事執筆時点での主要格安SIMを並べておきます。こまめに更新しようとは思いますが、変更されている場合もあるので公式ホームページでよくご確認ください。

格安SIMプレフィックス
IIJmio 申込 公式

0037691
楽天モバイル 公式003768
LINEモバイル 申込 公式携帯電話:0063 / 固定:006751
BIGLOBEモバイル 申込 公式0077500
DMMモバイル 申込 公式0037692
BIC SIM 公式0037691
DTI SIM 公式0063
OCNモバイル 公式003544
mineo 申込 公式携帯電話:0063 / 固定:006751
イオンモバイル 公式0037691

手間のかからない格安SIM

格安SIMにはプリフィックスタイプの他にIP電話タイプ通常電話タイプがあります。

通常電話タイプで、○分話し放題のプランがある場合はPrefixPlusを使わずとも直接着信履歴から電話を掛け返しても大丈夫なので、このような設定が面倒な人は、通常電話タイプのワイモバイルかUQモバイルを使うのもいいかもしれません。

ワイモバイル

UQモバイル