ノート

嫁は一番近い他人。一番気を遣うべし。

タイトルだけでこの記事の結論出てるんで、お暇な人だけ続きをどうぞ。

これからの結婚生活に希望を抱いている人や、子育てに疲弊した人、もう離婚かな?と思っている人、なんとなく上手くはいってるものの物足りない人、そんな人々に向けて。

俺超がんばってる!と自画自賛するためと忘れないように戒めとして書きました。

嫁は一番近い他人

他人です。

近いからこそ、人の嫌な面だって沢山見えます。お互い慣れてしまって昔は隠していた醜態もボロボロ表に出してしまう。

分り合ってるつもり、だからこそ物事のとらえ方の違いが気になったりしませんか?

どこぞの偉い坊さん・・・じゃなくてB’zさんも

ふたりでひとつになれちゃうことを気持ちいいと思ううちに少しのズレも許せないせこい人間になってたよ

なんて歌ってます。

あくまで他人です。他人とうまくやっていくには気遣いが必要です。

職場の人には気を遣ってますよね?夫婦も他人です。一緒です。

だからこそ一度、見直して気を遣い合ってみましょうよ。

嫁は空気ではなく食べ物

嫁は空気。

そんな事言ってませんか?確かに空気は生物が生きていくに必須な物です。とても大事です。

しかし、普段呼吸をするのにそれほど意識をしていますか?基本無意識で呼吸しているのではないでしょうか?

空気に感謝!なんて言ってる人はなかなか見たことありません。

それよりは「嫁は食べ物。」と思ってみるのはいかがでしょうか?

多くの人は食事の際に「いただきます」くらい言いますよね?

「いただきます」は、その命をくれた生命に感謝し、その料理を作ってくれた人に感謝しているんです。

嫁がそばにいてくれる事に感謝し、細かい事でも何かしらしてもらえたら感謝すればいいんです。

やってくれる事にあぐらをかいてはいけません。日々感謝です。

ちょっとした事にでもありがとう!と言って貰えれば次もやろうと思うじゃないですか。なにか御菓子の一つでも添えればなおよし。

個人的には大阪のおばちゃんが飴ちゃんを持ち歩いているのは、ちょっとした感謝の際に人に渡してたんではないだろうか?と予想しています。

  • 日々、存在してくれることに、して貰えてる事に感謝。そして労いを。




話をしよう

今日はどうだった?今日はこんなことがあったよ。

それだけの話です。

それだけですが、気にかけてくれてるんだなってうれしくなりませんか?

特に聞くほうを重視して話をしましょう。

どちらかというと自分も話をするのは苦手なほうですが、日々あった事をそれぞれが話して聞いているだけで全然二人の関係性が違います。

見る視点が違うので、家庭内の問題点や不満なども発生してもたまりにくくなります。

これだけコミュニケーションや報連相が大事と言われている時代です。

夫婦間で大事にしないなんて考えられません。

  • 話をしよう

家事育児

育児に参加

「参加する」とか言ってませんか?旦那さん。二人でするものですよ。

勿論仕事に追われて深夜帰宅の人もいるでしょう。でもね、子育てって24時間対応しなくちゃなわけです。

旦那の協力がなく嫁側の両親に頼れない場合は本当に24時間一人で対応しなくてはなりません。

旦那側の両親?気を遣って逆に疲弊するわボケー!嫁側の両親であれば、基本的には血のつながった親子、言いたいことも甘える事も全然出来るわけです。

3分の1が離婚する時代と言われていますが、離婚時期で多いのは旦那の定年後熟年離婚と、子供が0~2歳の時となっています。

24時間、睡眠不足で子育てに戦ってるところに、帰ってきて「飯」「風呂」「〇〇やっておいて~」とか言ってませんか?

殺意を抱かれてますよ?

いい大人なんだから自分の事くらい自分でしましょう。

自分だけ「付き合いだから~」と飲み会に行っていませんか?少なくとも自分のそういう時間と同じくらいは奥さんを表の場に出してあげてくださいね。

週に2日くらいは休みが貰えてる人が大半だと思うので、丸一日くらいは嫁さんを一人で自由にしてあげましょう。

そして一日一人でずっと子供を見ているのがどれだけ大変かを実感してください。

仕事と違って言葉も分からないコントロールの利かない相手を24時間するのって本当大変です。

子供見てるだけとか楽勝じゃん。な人もそこに家事が追加される事を忘れないでくださいね。

髪の毛振り乱して日々頑張っているので、身だしなみを整える時間なんてなかなか取れません。

月に一度くらいは美容院、好きな人であればネイルくらい行かせてあげましょう。甲斐性です。

産後は体形もなかなか戻らないのでジムへも行かせてあげる事が出来るとなお良しです。

料理

独身の一人飯と違って、健康を考えて、飽きのこないようにパターンを増やす。品数を多く。なんてやっていくと本当に大変です。

作れる人はたまには作ってあげてくださいね。

作れない、苦手な人はせめて「何が食べたいか」くらいは毎日考えておいてね。

食べたいものリストとレシピを用意しておいてくれたら合格点です。

後は買い出しを手伝ったり、下ごしらえをしてくれてたりしたら満点に向けてまっしぐらです。

最後は「もう作ってよ。」になりますが・・・

うちでは暇な夜に作り置きを自分が作ってる感じです。

  • 家事育児は一緒に
  • 外に出る時間を用意しよう
  • せめて食べたいものを考えておいて
家事の時短は家電から
【新三種の神器】時短家電3種!ロボット掃除機、食洗器、ドラム洗濯機のすすめ家電新3種の神器のロボット掃除機、食器洗い乾燥機、ドラム式洗濯機をおすすめする記事です。...




日々に楽しみを

日々に何かしら一つでも楽しみを混ぜ込んでいきましょう。

勿論夫婦参加ですよ。

そして中期的な楽しみとして旅行を計画してみるのもいいと思います。

別に高い良い旅行である必要はありません。

ちょっとした遠出でお泊り。なんて程度でいいんです。

特に産後しばらくは大変な割に日々の内容に変化が無いと張り合いがありません。

環境を変える、家事をなにもしなくていい日を作る、そんな感じに旅行を利用してみては。

準備は大変ですがぜひ中期的な楽しみとしてちょっとした旅行など。




出来る事、拾えるところから

全部やれ。ってわけではないです。それぞれの家庭環境は地域、経済状況、子供の年齢・人数含めて違います。

それでも感謝を口にすることくらいできるでしょ?

まずはそこからです。ご飯を作ってくれた、掃除をしてくれた、洗濯してくれた。それぞれに「ありがとう」を言う。それだけです。

そもそも「おめーもやれよ。」という話なわけで。

まずは感謝から。

ひと手間加えるだけで家庭内はうまく回っていくんです。

  • 何事もひと手間を加えるだけで良くなる



そしてこの記事を読む嫁さんな人々へ

そうだそうだー!こんな人もいるのよ、素敵ー!、ダンナさんへ向かって「貴方もやって!」なんて思って頂ければ幸いです。

ですが、そこにフォーカスするのではなく「ダンナさんが居てくれて感謝、してくれた事に感謝、日々に労いを。」と読んだ嫁さんの側から始めてもらえたらな。と思います。

自分を変えていくのも大変ですが、それ以上に他人を変えていくのは大変です。

  • 感謝・労いはまず自分から。
  • 人を変えようとするのではなくまず自分が変わっていく。

それでも変化に気づかない相手であれば

離婚まったなし!

とはいえ、人といるのは面倒だったりしますが、日々いてくれるだけでいい事もたくさんありますよ。

上手くいくように手を変え品を変えウマイコトいきましょー。

最大2.5%ポイント還元
Amazonで買い物をするならお得なギフト券チャージを!
  • コンビニ・銀行(ATM・ネットバンキング)でのお支払いで簡単すぐチャージ