ライフ

賃貸物件でのお部屋の構造の選択

大まかに木造と鉄骨造、そしてコンクリート造の3種類があります。各構造毎に特徴がありますが、基本的に遮音性はコンクリート造>鉄骨造>木造の順になっています。建物の耐震性に関しても同じような順番に左から高性能です。

通常の平面のマンションタイプの他にメゾネットタイプ・ロフト付き物件・戸建賃貸などがあります。

木造

木と金具を組み合わせて作った建物です。建築コストが安いため、入居者としては家賃を抑える事が出来ます。家賃重視か、戸建賃貸以外では選ぶ必要はないと個人的には思っています。

音がよく響き、断熱材次第では夏暑く、冬寒い物件になってしまいます。どうしても選ぶ場合は角部屋を避けましょう。

鉄骨造

文字通り鉄骨を組み合わせて造ります。賃貸住宅として一番標準的な物です。木造に対しての違いは耐震性が多少マシな程度です。しかし、強度を増した分、縦に積み上げてる物件も多いため、木造に比べて余り耐震強度が上がっていない事もしばしばあります。

床・天井・壁の材質は中々確認できませんが、壁に耳をあてて音の確認をしてみるだけでも遮音性が分かります。遮熱性は木造と同じく断熱材次第です。

RC・SRC造

RCは鉄筋コンクリート造、SRCは鉄骨鉄筋コンクリート造となります。入居者にとっては基本的な部分は変わりませんが、鉄骨が入っている分SRCの方が耐震強度が高いです。遮音性はRC、SRC共に一番高いです。遮音性の代わりに、湿気が逃げにくいので、24時間換気であるとか、通気をしっかりしないとカビやすいです。

除湿器なども併用するとなおよいです。入居後の湿度による破損等は入居者の責任になりますので、よく注意してください。そもそも湿度が高くてジメジメするのは健康に良くありません。少し家賃が上がります。

メゾネットタイプ

多くが木造に多く、一つの部屋内で1階と2階にフロアが分かれている物を指します。隣の部屋の階段が構造的につながっている事が多いのでその場合結構足音が響きます。階段で上下に分離しているので、友達や来客が多い人はプライベートを分離出来て便利な反面、上下移動が増えるので洗濯物の移動が大変です。

小さな子供がいる場合は、落下はベビーゲート等で対策できますが、上下に子供を運んだりも考えるとオススメしません。戸建のように上下に居住空間があるものと、玄関のみ1階にあり、居住空間が2階になっているものもメゾネットと呼ばれます。

ロフト付き

ロフトとは梯子で上がる収納の事です。あくまで居室ではなく収納なので、開口部には制限があり、熱が上にこもります。なお、部屋の面積には算入されません。

寝る場所として使う方もたまにいらっしゃいますが、落ちたりしますし、暑いのでおすすめしません。荷物置き場としても荷物も持って上に上がるのが大変なので、利用方法も悩ましいところです。

酔っぱらって落ちて首の骨を折るとかマジやめろ。

戸建賃貸

購入した戸建と同じような感覚で住む事が出来ますが、賃貸用で建てたもので無ければ古い物が多いです。設備等も更新されてない事が結構あります。集合住宅のわずらわしさを避けたい方にオススメします。

ペットを飼いたい場合などにもおすすめしますが、ペットによる傷で退去時に清算金が掛かる場合が多い事に注意です。庭等の管理は自分で行わなければいけません。

階層

平屋からタワーマンションまで色々ありますが、5階建の最上階がオススメです。ギリギリ階段でも上り下りする気になる高さで、蚊を中心とした虫もほとんど上がってきません。最上階なので夏は暑い場合もあります。

  • 特にこだわりが無ければRC、SRC造をオススメします。
  • メゾネット・ロフト付きはオススメしません。
  • 戸建賃貸は集合住宅回避・ペット飼いにオススメ。
あわせて読みたい
賃貸物件の見るべきポイントとおすすめ条件賃貸管理会社社員が賃貸探しにおける注目すべきポイントや、おすすめの条件について書きました。...
最大2.5%ポイント還元
Amazonで買い物をするならお得なギフト券チャージを!
  • コンビニ・銀行(ATM・ネットバンキング)でのお支払いで簡単すぐチャージ