モノ

超小型スマホJelly Proの次世代機【Atom】のキックスターターが始まっていた

現役Jelly Proユーザーです!

いつの間にかJelly Proの次世代機がKickStarterでファンディングが始まっていました。

次世代機の名称は「Atom」だそうです。すでに2018年6月の時点でファウンディングは始まっており、2018年8月現在でのファンディング価格は219ドルになっています。

製品版の予定価格は299ドル。今からファンディングに参加しておけば10月には届く予定。

Jelly Pro

まずは現行機であるJelly Proはこんなやつです。

あわせて読みたい
【超小型スマホ】Jelly Pro の使用感とかレビューとか公開されたときから気になっていたやっとこさ2018年3月にJelly Proを購入できたー!先月Amazonで売り出したのを見た時に逡巡...



新世代機「Atom」スペック表

縦横のサイズ感はほぼほぼそのままで、分厚くなって見た目も丸い感じからゴツくなってますね。GShockとかそういう系統の見た目です。

簡単なAtomとJelly Proのスペック比較

現役のJelly Proユーザーからすると一番の注目ポイントはバッテリー容量!

2000mAh!

なんとJelly Proから比べると倍はあります!

そしてメモリが単純に倍!

コアがクアッドからオクタコアへ

ストレージも4倍

カメラの解像度もアウトカメラ2倍、インカメラ4倍に(これは元がおもちゃもいい所なので標準レベルに来た感じ)



買いか?買いだ!

この機種の魅力はなんといっても小ささにあるので、この厚みの増加がどの程度になるかわかりませんが、Jelly Proはポケットに入れててもあるかないか分からないレベルなので、それほど気にしなくてもいいのではないかと思います。

バッテリーが単純に倍増する事によってバッテリー切れも比較的気にしなくて済みそうです。

解像度の表記がありませんが、Jelly Proは解像度が低かったので、それが改善されているといいなと思います。

防水防塵性能がIP68で最高レベルらしいので、運動やアウトドアのお供にはよさそうです。

画面が小さいからこそ指紋センサーも有効に使えそうです。

デュアルSIMはJelly Proでも使ってないのでなんとも。

個人的には次は4インチくらいがあったら欲しいなーと思ってましたが、このAtomの発表で俄然買いたい欲が上がってしまいました。

Jelly Proが14000円もあれば買えてしまうので、Atom製品版で299ドルはちょっと値上がりが大きいですね。

しかし今のところ買いだと思っています!

さあ、嫁ちゃんを説得しよう・・・

公式

公式動画

公式サイト

最大2.5%ポイント還元
Amazonで買い物をするならお得なギフト券チャージを!
  • コンビニ・銀行(ATM・ネットバンキング)でのお支払いで簡単すぐチャージ